女子大生が無人島でサバイバル!?世界に注目された「ホリ・レイコ」さん

世界をざわつかせた日本の女子大生

一時期、ある女性がネット上で海外からの注目を集めていました。
サバイバル知識がないにも関わらず、過酷な無人島で19日間のサバイバル生活に挑戦したからです。

彼女の名は “ホリ・レイコ(Reikko Hori)” さん。
日本の女子大生。大阪出身で当時22歳

彼女は休暇を使って、海外での無人島体験を提供する《Docastaway》を利用し、インドネシアのアンパロという島でサバイバル生活に挑戦しました。

《Docastaway》の過酷な無人島生活体験に、女性1人で申し込んできたことが史上初だったらしく、“The First Castaway Girl” として話題になったのです。

しかしながら、あんなにも世界の注目を集め、今なおこうして取り上げられるのは、そのチャレンジの凄さだけではなく、彼女のキャラクターや行動がユニークだったからだとも思います。

サバイバル知識ゼロで挑んだ

冒頭でもふれましたが、ホリレイコさんにはサバイバルの経験も知識も全くありませんでした

事前のメールのやりとりもほとんど返事を返さなかったようで、《Docastaway》の担当者はかなり心配していたそうです。

そして彼女は、なんと、特にサバイバルに適した服装や装備を用意せずに、担当者の目の前に現れたのです!
充分な水着すら持ってきてなくて、ジーンズ姿だったそう!!
(担当者が見かねてショートパンツを購入してあげたそうです。)

あまりにもサバイバルの知識が乏しいと、命に危険が及びます。

担当者たちは見張りもかねてなのか、ドキュメンタリー撮影を望んでいたのですが…

自力でサバイバルにチャレンジしたいという彼女の意思はかたく…

結果、
・最初の24時間のみカメラ同行OK
・スマホで写真を残しておく
サバイバルにおける説明や指導、アドバイスは受けない
・虫眼鏡と水中銃を提供(最初断ったらしい。マチェーテは拒否)
・緊急時には必ずすぐに連絡すること

という条件のもとでサバイバル生活がスタートしました。

まるでリアルな『キャスト・アウェイ(無人島でのサバイバルを描いた映画)』を目の当たりにしているかのような気持ちになります…。

ホリレイコさんも肝が据わっててなんかハラハラしちゃいます…。

過酷な生活、そして生還

完全な準備不足かつ知識と経験の乏しさから、19日間の無人島でのサバイバル生活はホリレイコさんにとって、非常に過酷なものとなったそうです。

なかなか火が起こせなかったり、雨風をしのげず風邪を引いたり、洗濯もできなければ、シャワーも浴びれない、思うようにお腹を満たせなかったり、虫に悩まされたり、そして孤独だったりと、絶望的な気持ちになったそうです。

しかし19日後、彼女は無事に生還しました。

途中からサバイバル生活に慣れ出し、様々なスキルを学習し身に付けたのです。

木に登れるようになり、ヤシの実を採って、石で割り食べる方法を覚え、

毎日魚を獲れるようになり、火を起こしてそれを焼いて食べたという。

そして驚くべきことに最終日には大トカゲの捕獲までしてしまいます!!!

サバイバル知識ゼロの女子大生だったとは思えないほどの成長ですね。

「周りに人がいるからこそ、幸せを感じられる。」

19日間に及ぶ孤独な無人島サバイバル生活を終え無事に生還したホリレイコさん。

中には満天の星空や、綺麗な夕焼けを見ることができた日もあったそうです。

自然の厳しさと美しさを身をもって経験したことをふり返り、

「かなり苦しい時もあったが、おかげで食べ物や衣服、そして安心して安全に過ごせる場所がどれだけ重要なものなのかわかった。」

「とても寂しかった。私はいつでも1人で生きていけると思っていたが、この島で、周りに誰もいないという経験を初めてしてみて、ひどく孤独感を感じた。そして普段の生活に戻りたいと、人に会いたいと強く望んでいる自分がいた。周りに人がいるからこそ、幸せを感じられるということに気がついた。」

そう話しました。

無人島でのサバイバル生活という非日常の体験を通して、衣食住そして人に感謝するという、日常の生き方に心境の変化があったホリレイコさん。

無人島生活をすれば、生きることの本質が見えてくるのかもしれませんね

旅先に無人島という選択肢を加えてみることをオススメします!!

 

出典、参照、参考
http://paradise.docastaway.com/female-castaway-reikko-hori/
http://paradise.docastaway.com/reikko-hori-experience/