体重を減らしたいなら無人島へ行け!

痩せたい!

何度ダイエットに挑戦したことだろうか??
成功したことも、失敗したこともある私。

コンビニに入って、スイーツ、肉まんを目の前にして、買ってしまう。「また食べちゃった・・・」と自己嫌悪
「わかるわかる」と思うあなた!!

なぜ食べたくなっちゃうのでしょうか?
日常生活には食が溢れています。
食べ物屋さんを見ない日はないはず。
出勤中、通学中。駅前には必ずファーストフード店が立ち並びます。
家に帰っても、ある程度の都会なら、少しでも空腹感を感じたら、
コンビニに行けば24時間いつでも食べ物を買うことができます。
全てはこの環境が悪いのです。

では、この食に溢れた世界から脱することができれば、
デブへの道から脱することができるのではないでしょうか?

私は、無人島で生活してみてしみじみ感じました。
この便利な世の中が現代人をデブにしている間違いありません。

江戸時代太っていた人が存在したでしょうか?
無人島生活の場合↓

「お腹が減った・・・」
選択できるのは
①草を食う
②寒い中、海に入って魚を捕ることを試みる
③がまんする

①「草を食う」を選択した場合
もぐもぐ・・・
「うん。おいしくない」「もういいや!!」
と食べる楽しみを失います。

②寒い中海に入って魚を捕ることを試みる を選択した場合
銛を持っていないので、海に入っても獲物を取れる気がしません。
なんとか勇気を振り絞って、海に入ったところで、20分も経たずに寒さに震え死の危険を感じ、食欲など吹き飛んでしまいます。

③がまんする を選んだ場合
無人島生活が終わる日まで、ろくな食べ物にありつけないことを受け入れ、
お腹がいているという状況を受け入れ、空腹感が薄れるまでじっと耐える

どの選択をしても毎日、自然が恵んでくれる食を受け入れるしかないのだ。
食べたいものがすぐに手に入るわけではなく。
その季節にあったもの。
その瞬間にたまたま出会った食材に感謝をするしかない。

約2週間程、ろくに食べれない生活が続くと、
「食べなくてもしばらくは大丈夫」という
飢餓の境地が訪れる。
この感覚は実にきもちのよいものなので、
是非安全に配慮した上で、みなさんにも味わってほしいものです。

そう。
本来人間は最低限のエネルギーを確保していれば、余分に食べる必要はない。
お腹が空いた。ケーキが食べたい。ラーメンが食べたい。
このような食欲は、日常生活に溢れた食べ物に視覚情報を通して植えつけられた、
無駄な食欲でしかない。もしくは、過去の記憶から呼び起こされた食欲でしかない。
食べたことのないもの、聞いたこともないもの、
見たこともないものを食べたいという欲望は起こりえない。

無人島に住めば、記憶以外から呼び覚まされる食欲は出て来ない。
あとは、体が生命活動を維持するために出てくる食欲だけである。

ついつい食欲に負けてしまうおデブさん路線の人は、
無人島に住むことで、食欲をコントロールできる術を身につけることができるかもしれない・・・

とはいえ4ヶ月で12キロリバウンドしてしまった「おがっち」でした。