JOIN US!!無人島キャンプに申し込む
無人島プロジェクト

私が無人島に行く理由(basic)

私は去年初めて無人島に参加して、本当に楽しくて、終わった瞬間に「絶対来年も参加しよう!」って決めて、今年で2回目の無人島だった。
感想は言うまでもなく最高。無人島で出会った仲間も、無人島でした全ての体験も、3日間快晴だった天気も、本当に全てが最高。
最初に集合してから打ち上げ後解散するまで1秒も楽しくない時間が無いくらい素敵な3日間だった。

無人島での3日間では、ほとんどがはじめましての状態だったはずなのに、グッと仲良くなるれて、ずっと前からの友達みたいに、みんなのことが好きになれる。
みんなで一緒にテントを建てて、海に潜って、火起こしをして、ご飯を作って、火を囲んで語り合う。
普段あまりすることのないことをみんなで協力しながらするから、会ったばかりの人たちなのにすごい団結力が生まれる。
普段の生活の中で会う人と3日間でこんなに仲良くなるなんて、まずありえない(笑)。

時間を気にせず、好きな時間に寝て起きてご飯を食べて遊ぶ。初日の夕方にはみんなと「帰りたくない〜!」っていうくらいに無人島は不便なのになぜか心地良い空間。
普段当たり前になっていて、深く考えていないけど、みんな多かれ少なかれ時間に追われていて、その時間の縛りがなくなるだけでこんなにも自由を感じられるんだなって無人島に気づかされた。

今回私は2回目の参加で、私は何でこんなに無人島が好きなのかを考えた。私が思う無人島の魅力はいっぱいあるけど、やっぱり1番は人との出会いだと思う。
普段の生活ではどうしても気にしてしまうことの多い、年齢や肩書き一切関係なく、全員がただの”人”で、フラットで対等な関係の無人島。何も考えずその人自体を好きになれるし、自分も素でいられる。だから、無人島から帰った後、みんなのことがすごく恋しくなるし、自然と会おうってなる。
これからも絶対繋がっていたいって思う。こんな人たちに出会うきっかけをくれるから、私は無人島が大好き。

written by まゆこ

The following two tabs change content below.

無人島プロジェクト公式

生きるを学ぶ。無人島。そこには非日常のドラマがある。朝日と波の音で目を覚ます、お腹がすくから漁をする、何もないからこそ、星空の下で語り合う。電気も水道もない無人島での体験プロジェクト。 参加型ツアー、オーダーメイドキャンプなどを企画しています。
  • BASIC 個人のお客様向け
  • GROUP 団体のお客様向け
  • CORPORATION 法人のお客様向け
  • OTHERS その他お問い合わせ