JOIN US!!無人島キャンプに申し込む
無人島プロジェクト 無人島プロジェクト » 参加者体験記(basic) » 無人島がくれた最高の出会いと体験(basic)

無人島がくれた最高の出会いと体験(basic)


ただいま!無人島さん!

またこの場所に帰ってきた。
僕が無人島に初めて出会ったのは、ちょうど1年前の9月。
本当に楽しかった記憶しかない。
一方であの時は「緊張」で爆発しそうだった。
でも今回は「緊張」なんて1ミリもなかったし、
むしろ「ただいま!」の感覚で落ち着いていた。

落ち着きながらも内心はワクワク感と
1年前に出会った仲間に再会できる嬉しさであふれていた。
姫路駅で集合した時点で僕の気分は十分に高まっていた。

「なんで2回目も参加したの?」

3日間のうちに何人にも聞かれた。正直この質問は難しすぎる。
あえて理由を挙げるとすれば、
それは「参加しない理由がない」ということ。

僕にとって夏に無人島に行く感覚は、春に花見、秋に紅葉、冬にスキーに
行く感覚と全く変わらない。ある意味、日常になっている。
あとはみんなに会いたかったから
僕にとって無人島は待ち合わせ場所になっている。
この感覚は参加した人にはわかると思う。
だから僕は4月の時点で参加は決めていたし、いつ行くかだけを悩んでいた。
それぐらい僕は無人島の世界に夢中になっていた。

本当に最高の時間だった

無人島の青空美容室

参加者の1人に元美容師さんがいた。
実はこの人は1年前に無人島で出会った仲間で、
メンバーを知った瞬間から髪を切ってもらうことを勝手に心に決めた。

その仲間は、
「無人島で誰かの髪を切る時間は、お店で切るよりもすごく楽しい」
と言いながら髪を切ってくれた。
そんな最高な仲間に自分の髪を切ってもらっていた時間が、楽しくないわけがない
この時間はなんとも言えない幸せな時間だった。

火を囲んでひたすら語る

火を見ている時間は本当に落ち着く。
みんなで火を囲いながら、悩んでいることからバカでかい夢の話まで色んな話をした。
みんなで歌った時間も最高だった。
この時間が無人島で過ごす時間の中で1番好きかもしれない。
そんな中、スタッフの1人が
他の人のカッコ良かった瞬間を言おう!
と言ってくれた。

出会って2日の仲間をみんながみんなを褒めまくる。
この時のみんなの心は、囲んでいた火よりも暖かくてひとつになっていたと思う。

これを書いていると色んなことを思い出す。
正直書こうと思えばいくらでも書き続けられる。
それぐらい《無人島プロジェクト無人島プロジェクト》には魅力がある。

本当に最高の3日間だった!
みんな今年も最高の出会いと体験をありがとう!
次はどこの島でみんなに会えるかな。

無人島でつながる仲間との別れは寂しいけど寂しくない。
だってまた会えるって知っているから。

次の夏も僕はまた無人島の世界に必ず行く。
みんなはどうする??

これを読んでくれたあなたに会えることを
僕の「無人島での楽しみ」に追加しておこう!

Written by つよぽん

The following two tabs change content below.

無人島プロジェクト公式

生きるを学ぶ。無人島。そこには非日常のドラマがある。朝日と波の音で目を覚ます、お腹がすくから漁をする、何もないからこそ、星空の下で語り合う。電気も水道もない無人島での体験プロジェクト。 参加型ツアー、オーダーメイドキャンプなどを企画しています。
  • BASIC 個人のお客様向け
  • GROUP 団体のお客様向け
  • CORPORATION 法人のお客様向け
  • OTHERS その他お問い合わせ