JOIN US!!無人島キャンプに申し込む
無人島プロジェクト

はるかに想像超え、最高に生きるを感じたフィリピン無人島サバイバルキャンプ(海外企画)

参加までの経緯


2019年の夏に初めて、「無人島プロジェクト」が募集していた2泊3日の瀬戸内海の無人島キャンプに参加した。1人で参加したので最初は緊張もあったけど、無人島での様々な活動を共有することで自然と距離が縮まり、無人島最高!青春!!という感じだった。スタッフさんの企画力や対応力にも感動した。
(2泊3日無人島キャンプについての詳細はこちらから。2020年度も募集中!

その後、フィリピンの無人島で2019-2020年の年越しサバイバルをやるという企画告知を見て、これはやばそう!!と思った。日本で一度参加していたから不安もなく、参加を決めた。フィリピン無人島サバイバル、キラーワード過ぎる!

フィリピン無人島キャンプでの個人的なテーマ

偶然、サバイバル期間に俺は29歳の誕生日を迎えることになっていて、自分でと殺した肉(29)を食べられたら最高の思い出になるだろうと思った。それを1番のテーマにした。日本では免許がないとできないらしい豚のと殺は、海外だからできる体験みたいなので絶対にやりたかった。
あとは、経験できることは何でもやってみるということと、食べられるものは何でも食べてみるということ。
以上のことを自分の中でのテーマに設定して、フィリピンの無人島に行ってきました!

フィリピンの無人島で経験したサバイバル体験

多過ぎるので簡単にまとめます!

  • フィリピンのモリを使って魚獲り(全く獲れず)
  • フィリピンの釣り道具を使って魚釣り(全く釣れず。でもフィリピンスタッフはバンバン釣っていた)
  • 岩場で貝類やカニ探し(謎の貝類がいっぱいいた、大きいカニ怖い)
  • ヤシの木をよじのぼってココナツの収穫(高すぎて怖いけど楽しい)
  • ココナツを割る(飲みやすいように割るの難しい)
  • バナナの木を切り倒してバナナの収穫(倒れる瞬間気持ちいい)
  • キャッサバ掘り(引っこ抜いた勢いで急斜面から落ちそうになった)
  • 竹を使った火おこし(全く点かず)
  • その辺の植物を利用した食器類作り(ココナツ万能過ぎ)
  • ヤシの葉っぱを使って寝床作り(他にやること多すぎて結局2時間くらいしか作業できず)
  • 竹を使ったイカダ作り(ギリギリ崩れず海に浮いた)
  • フィリピンスタッフとゲームで勝負(フィリピン人真剣過ぎ笑)
  • ニワトリの捕獲(ニワトリ舐めてた)
  • 豚のと殺(命いただきました)
  • 年越しキャンプファイヤー(上裸で年越しは実感湧かな過ぎ笑)
  • 野糞(動物のように)
  • 海水浴(生まれたままの姿で)
  • ・・・etc.

    あと星が超絶キレイだった!カップル参加オススメ!俺も次回は絶対に…!


    フィリピンの無人島で食べたもの

  • 焼き魚
  • カレイの煮付け(フィリピンスタッフが釣ってくれたもの。ありがたや)
  • 貝の海水煮込み(巻貝食べるの難しい)
  • 揚げキャッサバ(ほぼフライドポテト)
  • 揚げバナナ(砂糖まぶして食べたら絶品)
  • ジャックフルーツ(個人的に死ぬ前に最後に食べたい果物。美味すぎた)
  • ジャックフルーツの中に住んでたイモムシ(柑橘系の味がした)
  • ココナツ(ココナツジュースでコーヒーも沸かせる。美味しくはない)
  • パパイヤ(塩振ったらうまかったような)
  • 白唐辛子(甘いって言われてかじったらとても辛かった)
  • レチョン(豚の丸焼き。自分達でと殺したもの。味はプライスレス)
  • 豚の内臓の和え物(フィリピンスタッフが作ってくれた。美味)
  • ・・・etc.

    ニワトリは捕獲したあとまさかの脱走されてしまい、食べれず…。
    悔しくて無人島キャンプが終わったあと鶏肉食べまくった。


    究極的に「生きる」を実感したサバイバル体験と、仲間との繋がり

    無人島で経験したこと、食べたものだけでも十分過ぎる刺激を得ることができたが、「無人島プロジェクト」の特徴は、人との繋がり。それはフィリピンでの無人島キャンプでも一緒だった。
    参加メンバーと協力して活動したり、経験を分かち合うことで一人では味わえない感動になる。また、スタッフメンバーの知識や経験談がすごすぎて圧倒されたりもしたし、フィリピンスタッフ含めて全員で乾杯した時は最高に楽しかった。
    そして個人的には無人島キャンプ中に迎えた誕生日を、サプライズで祝っていただいたことが本当に嬉しかった。
    非日常的な刺激が怒涛のように流れこみ、3泊4日の無人島キャンプ中はインプット量が完全にキャパを超え、一瞬で時間が過ぎていった。一言で言うと詰め込み過ぎ。
    ただそれも含めて他ではできない唯一無二の経験ができたと思う。
    多分、最高に「生きる」をやれた4日間だった。

    written by よっしー

    The following two tabs change content below.

    無人島プロジェクト公式

    生きるを学ぶ。無人島。そこには非日常のドラマがある。朝日と波の音で目を覚ます、お腹がすくから漁をする、何もないからこそ、星空の下で語り合う。電気も水道もない無人島での体験プロジェクト。 参加型ツアー、オーダーメイドキャンプなどを企画しています。
    • BASIC 個人のお客様向け
    • GROUP 団体のお客様向け
    • CORPORATION 法人のお客様向け
    • OTHERS その他お問い合わせ