JOIN US!!無人島キャンプに申し込む
無人島プロジェクト 無人島プロジェクト » 全国の無人島紹介 » バーベキューができるおすすめの無人島!(関西・関東別)

バーベキューができるおすすめの無人島!(関西・関東別)

無人島でバーベキューがしてみたい!
そう思っているのは、
・普通のバーベキューは物足りない!
・もっとワクワクする体験がしたい!
と感じているからではないでしょうか?
今回は気軽にバーベキューができる、おすすめの無人島をご紹介します!

バーベキューができる関西の無人島4選

関西にはバーベキューができる無人島がいくつかあります。最近は、無人島での快適なキャンプやアクティビティを体験できる場所も増えてきています。
まずはバーベキューができる関西の無人島を4つ紹介します。

和歌山県「地ノ島(じのしま)」

地ノ島は和歌山NO.1ともいわれている透明度の高い海に囲まれた無人島。島の入り口には全長約500メートルの浜があり、波は穏やかです。メインビーチでのバーベキューが可能で、食材は持ち込む必要がありますがバーベキューに必要な機材は全てレンタルすることができます。堤防奥には大きなフィールドが広がっていて、地ノ島を貸切ればこのエリアも利用することができ、大型のキャンプイベントなどで活用されています。

地ノ島は当サイトを運営する「無人島プロジェクト」が運営・管理しています。

【基本情報】
名称:無人島・地ノ島
住所:和歌山県有田市初島浜
TEL:080-4140-4701(現地直通)
アクセス:JR紀勢本線「初島駅」から初島漁港まで徒歩7分。そこから船で7分程度。
地ノ島の公式サイトはこちら

和歌山県「友ヶ島(ともがしま)」

友ヶ島は周囲8キロほどの無人島。明治時代から第二次世界大戦時まで、旧日本軍の要塞施設となっていた島で、今でも当時建設された砲台や防備衛所の跡が残っているため、観光名所にもなっています。日本の歴史を感じながら、過ごせる無人島です。以前は2カ所キャンプ場がありましたが現在は「南垂水広場キャンプ場」のみ利用することができます。広々とした開放的なキャンプ場なので人数が多くても大丈夫。コンロを持ち込んで仲間とバーベキューをするのも楽しいですね。
友ヶ島はレンタルは一切行なっていないため、バーベキューコンロを持ち込み必要があります。

出典:和歌山市役所


【基本情報】

名称:友ヶ島
住所:和歌山県和歌山市
TEL:073-459-0314(友ヶ島案内センター)
アクセス:加太港から友ヶ島汽船で約20分

京都「バーベキューガーデン無人島」

陸続きの場所にあるため実際は「島」ではありませんが、船でしかアクセスできない場所にあるので「無人島」とされています。宿泊施設などもあり、地元の食材を豊富にそろったバーベキューが名物となっています。冬は特大ズワイガニ、地元・久美浜湾産のカキ、寒ブリなども楽しめます。バーベキュー棟や、宿泊施設が点在していて、村のようになっています。本物の無人島ではありませんが、自分で食材や機材を用意する必要もなく最も気軽に無人島でバーベキューをしている気分にひたれる場所ですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

無人島 京丹後(@mujintou.kyotango)がシェアした投稿

【基本情報】
名称:バーベキューガーデン無人島
住所:京都府京丹後市久美浜町久美浜湾
TEL:0772-82-0045
アクセス:船乗り場から船で5分(最寄り駅は久美浜駅)
バーベキューガーデン無人島の公式サイトはこちら

兵庫県「シーサイドキャンプ西島」

瀬戸内海に浮かぶ家島諸島にの一つで、一番大きな島の西島。有人島ですが、まずは島の雰囲気を味わいたいという人におすすめです。学校の自然体験活動等でもよく使われる場所で、島内は中央地区(ロッジ地区)と野外活動地区(テント地区)に分かれていて宿泊する際もお好みの環境を選ぶことができます。
夏場には多くの人でにぎわう島です。浜辺でバーベキューができ、タコがとれたり、海水浴も可能です。晴れた夜には満天の星空を眺めることもできます。

出典:兵庫県立いえしま自然センター

【基本情報】
名称:兵庫県立いえしま自然体験センター(家島諸島西島)
住所:兵庫県姫路市家島町西島
TEL:079-327-1508/1509(兵庫県立いえしま自然体験センター)
アクセス:姫路港から船で50分程度
兵庫県立いえしま自然体験センターの公式サイトはこちら 

関東でバーベキューができる無人島・離島

関東には上陸できる無人島はあまりありません。そこで無人島のほか、バーベキューができる離島も交えてご紹介します。

神奈川「猿島」

出典:写真AC

神奈川県にある猿島は東京湾に浮かぶ唯一の無人島。猿島は戦時中要塞としてその役割を果たしていたため、今でも島の中には砲台跡や兵舎、トンネルなど当時を思わせる歴史遺産が多数残された島です。
夏になると海岸では海水浴や釣り、バーベキューをする観光客でとてもにぎわいます。無人島ではありますが観光地化が進んでおり、売店やレストランもある常に人気(ひとけ)のある島です。バーベキューは食材や機材など全てレンタルが可能。最近ではドローンが食材を運ぶと注目を浴びました。関東で最も気軽にバーベキューができる無人島ですね。

【基本情報】
名称:無人島・猿島
住所:横須賀市小川町27(三笠桟橋)
アクセス:三笠桟橋から10分
猿島の公式ページはこちら 

 

神奈川「城ヶ島」

三浦半島から橋で続く城ヶ島。対岸に三浦半島を臨む城ヶ島白秋碑苑でバーベキューを楽しむことができます。ここの魅力は新鮮な魚。漁協の直売所や三浦市産直センター『うらり』に行けば、その日獲れたばかりの新鮮な魚介類を調達することができます。カマ焼きバーベキューなんていうのが楽しめるのも、マグロの町三浦半島ならではですね。同じ城ヶ島内にある《海上釣堀j’sフィッシング》で釣った魚は持ち帰ることができるので、自分で釣った魚をバーベキューで楽しむこともできますよ。事前予約でバーベキューセットをレンタルすることができるので、手ぶらで行っても楽しめるバーベキュー広場です。

出典:城ヶ島白秋碑苑 城ヶ島手ぶらバーベキューブログ


【基本情報】

名称:Beachside BBQ 城ヶ島白秋碑苑
住所:神奈川県三浦市三崎町城ヶ島374番地1
TEL:046-881-0533(予約専用)スバル興業株式会社 三崎マリンセンター
アクセス:
車→横浜横須賀道路、衣笠I.Cより三浦縦貫道路経由で約25分。
バス→京浜急行三崎口駅から城ヶ島行きバス『白秋碑前』下車 徒歩2分
Beachside BBQ 城ヶ島白秋碑苑の公式サイトはこちら

千葉「館山BBQ&マリンガーデン<Carmel>」

千葉県館山市にある「館山マリンガーデン<Carmel>」は、プライベートビーチで日帰りバーベキューやキャンプを楽しむことができます。目の前に海が広がるエリアは一面芝生が敷かれており、とても気持ちの良い空間。バーベキューは食材持ち込みもケータリングプランを利用することも可能。レンガで作られた専用のバーベキューコンロを使って優雅なバーベキュータイムが楽しめます。千葉にバーベキュー場の人気ランキンつTOP10にも選ばれた人気のバーベキュー場です。

【基本情報】
名称:館山BBQ&マリンガーデン「Carmel」
住所:千葉県館山市波佐間1062-3
TEL:03-3548-7251
アクセス:アクアライン経由、富浦IC下車後20分
館山BBQ&マリンガーデン「Carmel」の公式サイトはこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

館山BBQ&キャンプ マリンガーデン「Carmel」(@carmel_tateyama)がシェアした投稿

バーベキューができる本当の無人島は、意外と数が少ないと思ったのではないでしょうか。無人島であっても基本的には誰かの所有物で、勝手に上陸することはできません。そのため、キャンプ場やバーベキュー場として開放・営業している無人島に行くのが確実でおすすめです。
そこでこの記事では、港から船で7分、大阪市内からも車で1時間半程度とアクセス良好でありながら美しい海に囲まれた大自然の無人島・地ノ島を掘り下げてご紹介します!地ノ島では日帰りバーベキューのほか、海水浴、釣り客でもにぎわう古くから愛されてきた無人島です。

気軽にバーベキューができる無人島・地ノ島にクローズアップ

完全な無人島・地ノ島なら手ぶらでバーベキューが楽しめる

地ノ島ではバーベキュー機材やキャンプ用品をレンタルすることができます。当日でも在庫があればレンタル可能ですが、事前予約がおすすめ。例年ゴールデンウィークや7〜8月のシーズン中は多くの人でにぎわいます。
バーベキューに必要なコンロはもちろん、紙皿などの消耗品など、必要なものだけ一つ一つ選んでレンタルが可能です。食材だけは持ち込む必要がありますが、地ノ島から車で10分程度のところに大きなスーパーがあるので、当日調達していけば問題ないですね。
⚫︎地ノ島のバーベキュー機材レンタルはこちらから

2019年の海の家の様子

バーベキューとは関係ありませんが、7月の海の日〜8月までは海の家を営業しています。かき氷やアルコールなどはこちらで購入することができます。

地ノ島へのアクセス

車がなくてもOK!好アクセスで行ける無人島!
●関西空港
↓(電車約70分)
●JR初島駅
↓(徒歩7分)
●初島漁港(渡船料2000円)
↓(船7分)
●地ノ島着

車でのアクセス
初島漁港(漁港には無料駐車場はあります※大規模イベントの際は場合により有料)
ナビの目的地は「初島渡船企業組合事務所」で検索するか、下記住所を入力してください。
〒649-0301和歌山県有田市初島町浜1769-1
公共交通機関を利用してのアクセス
JR紀勢本線「初島駅」から徒歩で「初島漁港」へ(徒歩7分程度)。

地ノ島でBBQをする際に必要な料金

  • 渡船料金:日帰り2,000円、宿泊2,500円(小学生以下半額)
    バーベキューサイト利用料:無料(利用できるのはメインビーチのみ)
    ※キャンプをする場合はキャンプサイト利用協力金として500円/人かかります。機材レンタル:保証金(一律5,000円)+各種レンタル料(レンタル一覧はこちら
    ※保証金は、破損・紛失等がない場合は機材ご返却時にお返しいたします。
    ※バーベキュースペースの予約はできません。場所はバーベキュー可能区域内にてお客様で当日確保をしてください。ただし、ロープを張ったり線を引いたりしての場所の占有はできません。ゆずり合ってご利用ください。

    地ノ島でのバーベキュー・レンタルについて詳しくはこちら

バーベキューができる無人島は地ノ島がおすすめ!

いつものキャンプ場やバーベキュー場でのバーベキューに飽きたら、一度無人島でのバーベキューにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
開放的な環境の無人島なら、きっといつも以上に楽しい思い出ができるはずです!

地ノ島の公式HPはこちら
バーベキュー機材・キャンプ機材のレンタルはこちら

The following two tabs change content below.

無人島プロジェクト公式

生きるを学ぶ。無人島。そこには非日常のドラマがある。朝日と波の音で目を覚ます、お腹がすくから漁をする、何もないからこそ、星空の下で語り合う。電気も水道もない無人島での体験プロジェクト。 参加型ツアー、オーダーメイドキャンプなどを企画しています。
  • BASIC 個人のお客様向け
  • GROUP 団体のお客様向け
  • CORPORATION 法人のお客様向け
  • OTHERS その他お問い合わせ