JOIN US!!無人島キャンプに申し込む
無人島プロジェクト

北海道の離島・無人島8選!キャンプやバーベキューが楽しめる島も!?

北海道の離島と無人島の自然の濃さは段違いです。あまりに自然が貴重すぎて文部科学省や環境省が上陸を制限している島があるほどです。
ここでは上陸して楽しめる北海道の無人島と離島を8つ紹介します。

【北海道の離島】1.奥尻島(おくしりとう)

奥尻島は、北海道内の観光地化された離島としては超メジャーです。空港があって、島民は約4,000人います。
奥尻島ではぜひ民宿に泊まりましょう。リーズナブルな価格で海の幸をふんだんに味わうことができます。

島の概要

奥尻島の住所は北海道奥尻郡奥尻島となります。面積は142キロ平方メートルです。
奥尻島には2泊以上することをおすすめします。1泊はキャンプをして、2泊目は民宿に泊まる、というコースはいかがでしょうか。
民宿での夕食は、かなりの高い確率でウニとアワビが出てくるはずです。都心の高級料理店のメニューが、奥尻島では日常の食材です。
「本当の贅沢ってこういうことなんだよなあ」と感じるでしょう。

楽しめるアクティビティ

奥尻島はいろいろな楽しみ方ができます。島の南東部には東風泊という海水浴場があります。ただ「北の海」なので泳げる期間は短いので注意してください。

南西部には、抜群の眺望が楽しめる北追岬公園キャンプ場があります。北海道のキャンプ場らしく最低限の設備しかありませんが、それがかえっていさぎよくて快適です。
海水浴も可能ですし、近くに町営の神威脇温泉保養所があり日帰り入浴できます。
釣りを楽しみたい方は、賽の河原公園キャンプ場がおすすめです。なんとここは無料です。

奥尻島のランドマークは、東京スカイツリーより少し低い標高584メートルの神威山ですが、自衛隊のレーダーがあるので山頂に立つことはできません。

島までのアクセス

奥尻島へのアクセスは、北海道本島の江差港とせたな港からフェリーが出ていて、大体2時間くらいです。マイカーで行くこともできますが、島内にレンタカーもあります。
函館空港から飛行機で奥尻島に入ることもできます。

【北海道の離島】2.礼文島(れぶんとう)

人はときに「最果て」を求めます。礼文島もそんな旅人を惹きつけたやまない島です。
礼文島の面積は奥尻島の半分くらいの81キロ平方メートルです。こちらもいい意味で、しっかりと観光地化されています。
礼文島を満喫するには「歩くこと」です。ぜひともトレックングシューズを持っていってください。

島の概要

礼文島は国境の島です。最北端のストコン岬からはロシアのサハリン島をみることができ、普通にアザラシをみることができます。ストコン岬には日本最北のトイレがあります。

礼文島には約3,000人の島民が暮らしています。かつては空港もありましたし、漁業も盛んな「開けている島」なのですが、集落から少し離れると礼文島固有種の「北の植物たち」が出迎えてくれます。
お腹いっぱい自然を吸い込んでください。

なぜこれほどの自然があるかというと、雪や寒さのために晩秋から初春にかけて、礼文島を訪れる観光客がほとんどいなくなるからです。
礼文島では自然をじっくり半年間休ませているのです。

楽しめるアクティビティ

「登山でもなく、ランニングでもなく、ただただ気持ちのいい場所を疲れるまで歩きたいんだ」という方は、わざわざ礼文島に行く価値があります。
ストコン岬から浜中まで4時間ほどのトレッキングコースが設定されています。北海道の植物を紹介した本を持っていけば、貴重な植物を確認しながら歩くことができます。

北西部には「澄海岬(すかいみさき)」を起点とした徒歩を楽しむことができます。澄海岬はロケ地になるほどの景勝地です。断崖絶壁と「いろいろな色の緑」の海を堪能できます。

お花畑を歩きたいのなら、桃岩歩道です。3時間ほどのトレッキングコースはアップダウンが激しいので健脚者向きかもしれません。

礼文島ではキャンプも楽しめますが、民宿もいいですよ。ウニなどの海の幸が、惜しげもなく次々出てきます。
礼文島には大きなホテルもありますので、「野趣は苦手」という方も離島観光ができます。

島までのアクセス

礼文島までは、稚内からフェリーで2時間ほどです。
飛行機で羽田空港→新千歳空港→利尻空港と乗り継ぎ、利尻島から船で礼文島に渡ることができます。

【北海道の離島】3.利尻島(りしりとう)

利尻島は礼文島から10キロくらいしか離れていません。利尻島に行くか礼文島に行くかで迷ったら、こういう決め方もあります。
・日本百名山のひとつ、名峰・利尻岳に登るなら利尻島
・「最果て」で平地をのんびり歩き回りたいのなら礼文島

島の概要

北海道本島から利尻島をながめると、富士山を海の上に置いたような形になっています。山頂から下っていくと裾野の先が日本海、というイメージです。

日本百名山とは、ある山好きの小説家が選んだ国内の100の「見事な山」のことです。登山愛好家のなかには、百名山に登頂することを人生の目標にしている人もいるくらいです。

利尻島の利尻岳はその百名山のひとつなのですが、何しろ北のはずれにあってしかも海を渡らなければなりません。百名山のなかでは最も登頂しにくい山のひとつです。
利尻岳の標高は1,719メートル「しか」ないのですが、海抜0メートルから登るので、ハードな登山となります。

楽しめるアクティビティ

利尻島には「ファミリーキャンプ場ゆ~に」「利尻北麓野営場」「沓形岬公園キャンプ場」の3つのキャンプ場があります。
日帰り温泉施設が近くにあるので、バーベキューの後に汗を流すことができます。
沼浦海岸は砂浜が広がっていて海水浴は「できなくもない」ですが、湘南や沖縄の海のような華やかさはありません。

島までのアクセス

リッチな旅をしたい方は、全国の主要空港→新千歳空港→50分→利尻空港という空路がおすすめです。
北海道の「ただただまっすぐなだけの」道路を自動車で満喫したい方は稚内まで北上して、フェリーで2時間ほどで利尻島に入ることができます。

【北海道の離島】4.天売島(てうりとう)

バードウォッチャーの聖地といわれている天売島は、野鳥の宝庫です。著名な自然カメラマンも在住するほどです。
アザラシも簡単にみることができます。

島の概要

天売島の住所は北海道羽幌町(はぼろちょう)字天売です。面積は6平方キロメートルほどで、300名ほどの島民が暮らしています。
天売島が野鳥の楽園になっているのは、海岸線に断崖絶壁が続いているからです。野鳥たちは天敵に襲われることなく子育てができるわけです。

楽しめるアクティビティ

天売島ではキャンプがおすすめです。ただ、都会からのアクセスがよいキャンプ場に行き慣れている方は用心してください。「なにもない」ですから。あるのはトイレと炊事場があるくらいです。
8月のハイシーズンでも、曜日によっては貸し切り状態になるほど人もまばらです。

天売島では民宿に泊まって露天風呂でゆったりすることもできます。海産グルメを堪能できます。
また食堂で出てくるウニ丼のウニの量は、想像した量の倍はあります。
漁港で釣りも楽しめます。北の海で釣れる魚はとてもおいしいので、バーベキューがより豪華になるでしょう。

島までのアクセス

天売島までは、羽幌港発のフェリーで1時間ほどです。
天売島行きのフェリーは途中で、次に紹介する焼尻島に寄ります。

【北海道の離島】5.焼尻島(やぎしりとう)

焼尻島は「深い森と羊の不思議な島」です。
島の3分の1は森です。そして綿羊が飼われています。綿羊はウールを採る羊のことですが、焼尻の綿羊は食用にもなっています。
焼尻島は先ほど紹介した天売島から数キロメートルしか離れていません。

島の概要

焼尻島で飼われている綿羊はサフォーク種ともいい、フランス料理の高級食材のひとつです。8月に「焼尻めん羊まつり」が開催され、そこで海産物とともに綿羊肉がバーベキューで振る舞われます。

楽しめるアクティビティ

焼尻島でもバードウォッチを楽しむことができますが、しかしせっかく「深い森の島」に来たのですから、植物を観察してみてください。木々がつくる「緑のトンネル」は実にメルヘンチックです。

「オンコの荘(しょう)」という珍しい樹木をみることができます。オンコ(イチイ)の木は普通は高さ15メートルほどの大木に成長しますが、焼尻島のオンコの高さは1メートルぐらいにしかなりません。その代わり枝が地面を這うように広がり、幅が10メートル以上になることもあります。これは雪の重みと日本海の強風に耐えることができる形なのです。

焼尻島の白浜野営場を利用する方は、ぜひ高台エリアに陣取ってみてください。「日本海がそこにある」絶景を堪能できます。

島までのアクセス

焼尻島までは羽幌港からフェリーで1時間ほどです。

【北海道の離島】6.嶮暮帰島(けんぼっきとう)

北海道浜中町は、荒涼としながらも静謐な雰囲気が漂うことから「日本のスコットランド」と呼ばれています。ルパン三世の原作者、モンキーパンチさんの故郷でもあります。
その小さな街は太平洋に面していて、500メートルほど沖合に、無人島の嶮暮帰島がポツンと浮かんでいます。

島の概要

嶮暮帰島は動物王国のムツゴロウさんが一時期住んでいたことで知られていますが、いまは自然保護の観点から島に立ち入ることが制限されています。島に上陸するには地元のガイドの案内が必要です。
というのも、絶滅危惧種に指定されている野鳥のエトピリカや、世界最小の哺乳類といわれているトウキョウトガリネズミが生息しているからです。

楽しめるアクティビティ

嶮暮帰島が属する浜中町は北海道の東の端(はじ)にあり、太平洋に面してはいますが周囲はほとんど海水浴をする習慣はありません。また嶮暮帰島は無人島で、快適設備はありません。
それでも地元では嶮暮帰島に上陸するツアーが組まれています。それはこの島を含めた浜中町全体の雰囲気が観光資源だからです。

島までのアクセス

嶮暮帰島までは、浜中町の漁港からツアーがチャーターした船で5分程度です。

【北海道の離島】7.かもめ島

かもめ島は、北海道江差町の海岸線に「T字」に突き出た島です。島ですが、細い線でかろうじて北海道につながっているので、自動車を運転して島の入り口付近まで近づくことができます。
かもめ島は家族で気軽に訪れることができます。

島の概要

かもめ島は周囲が3キロメートルほどの小さな島です。島にはキャンプ場が整備されています。

楽しめるアクティビティ

かもめ島のメーンのアクティビティはキャンプです。海岸線を歩くこともできます。
島の付け根部分には、えびす浜海水浴場があります。

島までのアクセス

自動車でかもめ島の付け根まで行くことができます。そこからキャンプ場まで500メートルほど歩きます。

【北海道の無人島】8.小島(こじま)

北海道厚岸町の無人島、小島は「どうしても行きたい」人しか行けません。無人島の達人向きの島です。

島の概要

北海道厚岸町はカキの養殖と昆布漁で有名な街です。その太平洋沖約1キロメートルに小島は浮かんでいます。
小島は昆布漁師たちが昆布を干すために使っている島です。

楽しめるアクティビティ

小島は昆布漁師たちの仕事場なので、アクティビティはありません。

島までのアクセス

「どうしても小島に行きたい」人は、厚岸町の昆布漁師に依頼して船に乗せてもらうことになります。船で10分もかかりません。

The following two tabs change content below.

無人島プロジェクト公式

無人島プロジェクト公式。 様々な記事を投稿します☆