無人島プロジェクト 無人島プロジェクト » サバイバル » 無人島1ヶ月体験記Shima roman(しまロマン)20日目

無人島1ヶ月体験記Shima roman(しまロマン)20日目

島を愛したがゆえに大学を休学、卒業後就職を先延ばしにした島大好きな島田がおくる無人島体験記

Shima roman (無人島でやりたいこと)

☑︎家づくり
☑︎かまどづくり
☑︎ろ過装置
☑︎箸•食器づくり
☑︎野草探し 
☑︎家具づくり
☑︎罠づくり
☑︎薪小屋づくり
☑︎海水から塩づくり
☑︎お茶づくり
☑︎弓矢づくり
☑︎パチンコづくり
☑︎庭づくり
☑︎釣り竿づくり
☑︎土器づくり、石器づくり
☑︎1から火起こし(錐揉み式、弓切り式、竹筒式)
☑︎島探検(未開拓エリア)
☑︎船の修復
☑︎採った魚で刺身をつくる
☑︎生き物探し
□干物づくり
□山芋堀り
□猫じゃらしラーメン

〜day20 生き物探し~

さあ20日目ということで、3分の2が経ちますね〜!
今日は生き物探しに出かけようと思う!!

自然やアウトドアは好きだし、なんなら子どもたちの自然教育や体験教育にも関わっている身として、おもしろい生き物を探しながら自然の知識を増やしていきたい。

まずはこいつを発見!? かわいい小鳥ちゃん!! そう「メジロ」だ!
目の周りが白いからメジロという名だそうだ!そのまんまだね〜。名前と特徴は知ってたけど、「ウグイス」かなって思った私はまだまだだな。

続いて海編。
この赤いゼリーみたいなのはなんだ!? 正直ドクドクしくて触りたくはない・・・。どうやら「ウメボシイソギンチャク」というらしい。これも見た目が名前になったパターンだな!海の中に浸かると触手が出てきて、イソギンチャクみたいになるんだって。

お次はこいつ!! どこの海でもよく見るが、正体はずっと知らなかった・・・。勝手に三葉虫と呼んでいた。「ヒザラガイ」という貝の一種らしい。一応食べられるが火を通すと硬くなるらしく、3時間茹でる必要があるみたい。

そしてお馴染み「なまこ」! こいつは知ってるけど、せっかくなので撮影。漢字で書くと「海鼠」らしい。知らなかった!その中でも「ニセクロナマコ」という種類で、食べられるナマコも存在するがこいつは毒があるみたい・・・。

《番外編》
大きな蜂の巣発見!!た ぶん現役・・・。この島オオスズメバチとアシナガバチいるからな、気をつけないと・・・。

そして大量の鳥の羽。何があったんだろう??

生き物探しを終えた後、釣りに出かけたらまさかの大事件!!

「ナイフを海に落としてもーた!!」
回収は難しそうだ・・・。

さあおもしろくなってきたぞ!!! こういう逆境は燃えたりする!
身体的にもだいぶ疲れも溜まってきてるし、ここからがサバイバル本番だ!!

あと3分の1頑張るぞ♪♪

~続く~

翌日を読む→(※この記事の翌日に公開)
前日を読む

【この企画について】
※地権者や漁師等、地元関係者の許可を得て実施しております。
※無人島プロジェクト管理の下、日々の安全確認を実施した上で行なっております。
※無断で島に立ち入ることは不法侵入等で罰せられる可能性もありますのでご遠慮ください。
※海産物を無断で採取することは漁業権に触れる可能性もありますのでご遠慮ください。

フォームでお問合せ

無人島プロジェクトでは、サバイバルキャンプを提供しています。興味のある方は右記より気軽にお問合せください。

気軽にお問合せ

LINE公式で気軽に質問

まずはお気軽に質問してみたい!という方は、無人島公式LINEアカウントもありますのでご連絡ください。

LINE公式で質問