JOIN US!!無人島キャンプに申し込む
無人島プロジェクト 無人島プロジェクト » 参加者体験記(basic) » すぐそこにある非日常(basic)

すぐそこにある非日常(basic)

非日常を求めて無人島へ

非日常。現実を忘れたい。
僕が無人島に参加した理由である。
過去に参加経験のある仲間に、無人島プロジェクトを紹介されたこで興味が沸いた。
話を聞くと、とてもワクワクして、実際に調べてみる。

値段は、、、約40,000円!!
ちょっと高いなぁと言うのが正直な感想だった。
迷ったが、社会人1年目で、毎日がせかせかしているということもあり、非日常な生活を味わいたくなり、参加を決意。
結論からいうと、とても幸せな3日間であった。
ちなみに、無人島から帰ってきた後には真逆で、約40,000円でこの体験ができるのならとても安い!!!!ってなりました。笑

無人島での全ての体験が刺激的

集合場所である姫路駅に降り立つと、すでにワクワクが止まらない。
どんな人に出会えるのか、どんな体験ができるのか。
姫路駅からタクシーに乗り、船乗り場に着き、潮の匂いを感じながら無人島へ到着。

人見知りということもあり、少し心配していたがその心配も無用だった。
スタッフが事前に班分けをしてくれていたため、チームごとに分かれることで自然と仲良くなれる。

漁獲量対決や島一周、火起こしなどなどなど、初めての体験の全てが刺激的。
人生初のドラム缶風呂、これが心までぽかぽかに満たしていく。幸せなひと時。
時間に追われることなく、好きなことを心ゆくまで楽しみ、夜はキャンプファイヤー。
無人島プロジェクトって本当に最高だなと心のそこから思った。
また来年も絶対に参加しようと、すでに決めている。笑

すぐそこにある非日常。素晴らしい3日間でした。
出会ってくれた全てのみんな、ありがとう。

これを読んでくれているあなたに、少しでも良さが伝わってくれたら幸いです。
人生に幸あれ。

Written by Yusuke

The following two tabs change content below.

無人島プロジェクト公式

生きるを学ぶ。無人島。そこには非日常のドラマがある。朝日と波の音で目を覚ます、お腹がすくから漁をする、何もないからこそ、星空の下で語り合う。電気も水道もない無人島での体験プロジェクト。 参加型ツアー、オーダーメイドキャンプなどを企画しています。
  • BASIC 個人のお客様向け
  • GROUP 団体のお客様向け
  • CORPORATION 法人のお客様向け
  • OTHERS その他お問い合わせ