JOIN US!!無人島キャンプに申し込む
無人島プロジェクト

神奈川県の無人島・離島10選!キャンプやバーベキュー、自然が楽しめる島はココ!

横浜や湘南などがあり、全国的に「海の県」と知られる神奈川県ですが、実は「島の県」でもあるのです。太平洋に浮かぶ島々の中から、ぜひ訪れてほしい10島を紹介します。

この10島のなかにはもちろん、あの「日本で最も有名な島」も含まれています。

神奈川県の無人島・離島①猿島


温暖な気候に恵まれている神奈川県横須賀市に属する「猿島(さるしま)」は、四季を通じて楽しめる「しっかり整備された」憩いの場で、県内のみならず東京圏からも観光客が訪れます。

概要:小さな子供連れでも安心

猿島は野球グラウンド4枚ほどの広さです。猿島の観光施設の利便性と安全性は、家族連れには魅力的でしょう。またしっかり開発されながら、自然も色濃く残っています。

アクティビティ:バーベキューはできるけど泊まりのキャンプはNG

猿島では釣り、海水浴、バーベキューを楽しむことができます。ただ、宿泊キャンプはできません。必ずその日の定期船の最終便で帰らなければならず、キャンプ目的でも釣り目的でも島内で一夜を明かすことができないのです。

アクセス:定期船10分で到着

猿島に行くには、まずは京急・横須賀中央駅から徒歩15分の距離の三笠桟橋まで行きます。そこから定期船に10分揺られれば到着です。

神奈川県の無人島・離島②姥島


神奈川県茅ケ崎市の「姥島(うばしま)」は、烏帽子岩(えぼしいわ)という通称のほうが知られています。
そうです、湘南の魂、サザンオールスターズのデビュー曲「勝手にシンドバッド」に登場する「茅ケ崎の烏帽子岩」です。

概要:桑田さんを魅了した岩

サザンの聖地巡礼で茅ケ崎漁港に初めて訪れた方だと、姥島をみてがっかりするかもしれません。島というより岩でしかないからです。
姥島は東西600メートル、南北400メートルあるので、上陸すれば「島感」があるのですが、茅ケ崎港から1.2キロ沖にあるので、スマホのカメラでは海の上にポツン浮かぶ「とんがり」しか撮れないかもしれません。しかしがっかりするのは一瞬だけでしょう。すぐに、桑田佳祐さんの歌詞の力を思い知るはずです。「こんなに何気ない風景を、あれほど素敵な海のイメージに仕立てるなんて」と。

アクティビティ:釣りか、愛でるか

姥島は、ザ・無人島の中でもかなりハードな無人島です。人工の施設は何もなく、ただ岩肌がむき出しになっているだけです。姥島に行く目的は、釣り以外にないでしょう。釣り人以外の人にとっての姥島は、サザンに想いを馳せながら陸から愛でる島なのです。

アクセス:漁師さんに渡してもらう

姥島に渡るには、茅ヶ崎漁港の漁師さんに頼むことになります。定期船はありません。

神奈川県の無人島・離島③平島


「平島(ひらしま)」も茅ケ崎市に属し、やはり釣り人たちの島です。

概要、アクティビティ、アクセス:釣りか、たそがれるか

平島は姥島より陸に近く、茅ケ崎漁港から400メートルしか離れていません。
防波堤と繋がっているので歩いて渡ることができますが、島の一部は立ち入り禁止になっています。
平島に渡る人の99.9%は釣り目的です。クロダイやイシダイなど高級魚が釣れることもあります。
そして平島に渡る0.1%の人は、岩場でただただ、たそがれています。

神奈川県の無人島・離島④城ヶ島


「城ヶ島(じょうがしま)」は神奈川県三浦市に属する、周囲4キロの「まあまあ広い」島です。歴史ある観光地で、鎌倉時代から人々に景勝地として愛されてきました。

概要:都会に近いのにこの自然

城ヶ島は都会からそこそこ近い場所にあると思えないほど、多種多様な海浜植物が芽吹き、貴重な野鳥が飛び交います。
また城ヶ島に隣接する三崎漁港はマグロの水揚げが有名で、島内のレストランでも新鮮な魚介類を味わうことができます。
知名度こそ江の島にかないませんが、城ヶ島は神奈川県内でもアクティビティが充実した島といえます。その魅力を余すことなくお伝えします。

アクティビティ:ダイビングからマグロのカマ焼きまで

城ヶ島ではダイビングが楽しめます。三浦半島の海は、近くに東京湾があるとは思えないほど透明度が高く、ダイビング経験が豊富な人でも満足できるはずです。
小さな子供連れのファミリーには、海の上につくったイケスでの釣り堀がおすすめです。海釣りができるのにそこは釣り堀ですから、釣り竿や餌などは用意されているので手ぶらで来場できます。
城ヶ島灯台商店街はぶらぶら歩きするのにもってこいのコースです。観光地らしい土産物は華やかで目を楽しませてくれます。そのほか、磯遊びやバーベキューを楽しめる場所もあります。
バーベキューの具材は現地調達をおすすめします。マグロのカマ(頭部)を買って豪快にダッチオーブンでローストしてみてはいかがでしょうか。

アクセス:自動車でそのまま島内へ

城ヶ島には自動車でのアクセスが便利です。横浜横須賀道路の衣笠ICまたは佐原ICで降りて国道を進み、そのまま橋を渡って島に入ります。駐車場は十分にあります。

神奈川県の無人島・離島⑤天神島


横須賀市に属する「天神島(てんじんじま)」は周囲1キロほどの小ぶりな島です。マリーナがある、ヨコスカらしいおしゃれな港町を形成しています。

概要:都心部に近い自然ゾーン

都心部に残る貴重な自然を後世に残そうと、天神島には天神島臨海自然教育園があり海浜植物や海岸動物を保護する活動を続けています。

アクティビティ:プチ・セレブ気分が味わえる

天神島の海岸線は岩場が続き、潮溜まりにはエビやカニや魚をとることができます。子供の夏休みの自由研究に最適です。
島内の佐島マリーナホテルのコンセプトは「海を眺める極上の別邸」。モナコの雰囲気もなきにしもあらずで、プチ・セレブの気分を味わえます。

アクセス:

天神島には、JR横須賀線・逗子駅からバスで約40分で到着。島には橋がかかっているので自動車はそのまま入って行くことができます。

神奈川県の無人島・離島⑥野島


「野島(のじま)」は横浜市で唯一の自然の砂浜が残る場所です。近隣には日産の大きな工場があり、自動車部品メーカーが林立しています。工場の人工物と野島の自然のコントラストは、風景としても楽しめます。

概要:歌川広重がみた風景が広がる

島の中央には野島山があり、山頂の展望台からは、江戸時代の浮世絵師、歌川広重が描いた「金沢八景」が見渡せます。野島には住宅地もあって「拓かれた島」です。

アクティビティ:意外と力いっぱい遊べる

「近隣に自動車工場」「住宅街のある島」「都心に近い」という特性からすると意外に感じるかもしれませんが、野島ではバーベキューもキャンプもできます。野球場もあるので、草野球チームの合宿もできます。砂浜で海水浴を楽しむこともできます。
意外と活発に遊べる都会の本格派オアシス、といえるでしょう。

アクセス:鉄道のアクセスが良好

野島のアクセス方法は、JR京浜東北線・新杉田駅または京浜急行線・金沢八景駅から私鉄シーサイドラインに乗り換え野島公園駅下車、徒歩5分です。

神奈川県の無人島・離島⑦琵琶島


横浜市の「琵琶島(びわじま)」は、源頼朝の婦人、北条政子がつくった周囲60メートルほどのこぢんまりとした人工島で、島内には琵琶島神社が建ちます。

概要、アクティビティ、アクセス:参拝または散歩にどうぞ

琵琶島は、京急本線・金沢八景駅から300メートルほどの場所にあり、歩いて橋を渡って上陸できます。神社に参拝するか散歩をするための島で、騒いで遊ぶ空間ではありません。

神奈川県の無人島・離島⑧東扇島


川崎市に属する「東扇島(ひがしおおぎしま)」はリニアモーターカーの実験線設置されたことがある人工島です。

概要:工業施設を盛り込んだ人工島

東扇島は工業エリアにあり、島には首都高速湾岸線が通過しています。巨大タンクが林立し、物流施設が所狭しと並び、水産冷凍工場や火力発電所もあります。完全に工業の島で、100年後の将来は長崎市の軍艦島(正式名称、端島:はしま)のように不思議な雰囲気を醸し出しているかもしれません。
島内には東扇島東公園、東扇島西公園、東扇島中公園、東扇島北公園の4つの公園があるのですが、これすら市民の憩いの場というよりは工業システムの1つのようです。

アクティビティ、アクセス:潮干狩りはできます

東扇島はビジネスの島であってレジャーの島ではありません。ただ、人工の砂浜「かわさきの浜(舟運基地)」では潮干狩りを楽しむことができます。東扇島には首都高速湾岸線から自動車で入ります。

神奈川県の無人島・離島⑨八景島


「八景島(はっけいじま)」は、横浜市の代表的なアクアリゾート地です。
人工島であることも含め、良い意味で「しっかり造られた島」といえます。

概要:一大リゾートの島です

八景島のハイライトは、横浜・八景島シーパラダイスと八景島マリーナヨットハーバーの2つです。デートでも、ファミリーでも、グループ旅行でも、何でも受け入れてくれる懐の深い観光地です。

アクティビティ:シーパラダイスの島です

横浜・八景島シーパラダイスのメーン施設は、東日本唯一の展示であるジンベエザメを展示した水族館です。施設全体が豪華な造りで、1日いても飽きません。
アトラクション(遊具)の種類の多さや立派なホテルも備えてあり、千葉県浦安市のテーマパークの小型版といったところでしょうか。
八景島マリーナヨットハーバーは娯楽施設に隣接しています。豪華なヨットの優雅さたるや、眺めているだけでリッチな気分を味わえます。

アクセス:電車でも自動車でも楽々

八景島には自動車でも電車でもアクセスできます。電車の場合、東京・品川駅→横浜駅→金沢八景駅→八景島駅と、JRと私鉄を乗り継ぎ、八景島駅からは徒歩で島の中に入ります。自動車は横浜横須賀道路を走ればそのまま八景島に入って行きます。

神奈川県の無人島・離島⑩江の島


日本で最も有名な島の1つである「江の島(えのしま)」は、藤沢市に属します。なぜ日本人はこの島に魅せられるのでしょうか。

概要:湘南の象徴

大都市に近く、古都に近く、周辺に海水浴場がある島は、江の島以外にもあります。しかし江の島ほどブランド化されている島は他にないでしょう。
江の島を取り巻く海の色は、お世辞にも「きれい」とはいえません。それでも江の島は毎年、若者になった人たちを惹きつけ、大人になった人を手放しません。
江の島は、「日本人の青春と思春期の象徴、湘南」の象徴なのです。シンボル・オブ・シンボルだから、老若男女が江の島を訪れるのではないでしょうか。

アクティビティ:江の島を楽しむ喜び

江の島は軽めの山登りができます。山登りといっても山頂までしっかりと舗装路と階段がついていますが、普段運動不足の方なら息が切れるでしょう。体力に自信がない方には、屋外エスカレーターがあります。
その途中には土産物屋や食事処、民宿などが並び、観光客の目を楽しませてくれます。食事処では相模湾の新鮮な魚介類を味わうことができます。
江の島ヨットハーバーがあり、近くの砂浜ではサーフィンを楽しむこともできます。
しかし何よりの江の島アクティビティは、雰囲気を味わうことではないでしょうか。
江の島観光から帰ってきて、友人から「江の島、どうだった?」と聞かれても、「うん、江の島だった」としか答えようがないのではないでしょうか。

アクセス:ぜひ江ノ電に乗ってみてください

最もおすすめする江の島へのアクセスは、JR藤沢駅で路面電車の江ノ電に乗り換え、江ノ島駅で降りるルートです。江ノ島駅からは徒歩10分で島の中に入ることができます。島には橋が架かっていて、自動車でも入ることができます。

The following two tabs change content below.