JOIN US!!無人島キャンプに申し込む
無人島プロジェクト

おがっちの無人島滞在記 スタート

無人島で30日間 生き残れ!!

子供の頃の夢は「無人島で1ヶ月暮らすこと」

「生きる」とは何か?

その答えを得るために・・・

無人島でただひたすら生きるだけ

30日間の物語

【無人島ルール】

1,食料と水は無人島で自力で確保すること

2,持ち物はマッチ・ナイフ


ふわふわと浮いているような感覚。

なんか心地いー

このまま私は死んでしまうのかなあ〜…

 

ハッと目を覚ます。

夢だったのか(汗)

今日から待ちに待った無人島だっ!

 

バタバタと身仕度を整えいざ出陣。

母は無人島に30日も行くという、イカれた25歳を

優しい笑顔で見送った。

「母さん。きっと生きて帰ってくるから〜」

 

車   親父が送ってくれた

電車

最後の晩餐はまさかのバーガーキング(笑)

船の時間に間に合わない。急げっ

タクシー   運ちゃんが勝手に話し続ける

へー、へー、へー、へー…20回くらい聞き流す。

↓ 乗りついで

漁師さんがご好意でタイ(30センチ程)をくれた。

image

無人島到着

 

せっかくもらったものを

捨てる訳にはいかないのであっさりルール1を破る。

 

なんとか雨はまぬがれた。

機材用のテントを張って…

 

日も暮れてきたので外に寝床をつくる。

image

いやいやホームレスか俺は・・・

こんなクソなルールを設定したことを後悔。

辺りが暗くなってきたので外の野外寝床で就寝。

 

ん?

かゆい。かゆい。かゆい。

蚊の大群に襲われ中々寝付けない。

2時間はたったろうか。

 

蚊だけでなく寒い

ここは北海道ですか?

いえ、5月の無人島です。

海から寝床までの距離ほんの5メートル

極寒の風が吹く。

 

さらに追い打ちをかけるように

ぽつりぽつりと雨が降り出し

 

ダメだテント行こっ

PCやカメラなど、備品用のテントを持ってきていたが、

生命の危機を感じたので、

とまたあっさりルールを破りテントでやっと就寝。

無人島生活初日は中々の悲惨な感じで幕開け。

 

続く。

 

〜無人島滞在記〜

 

The following two tabs change content below.

無人島プロジェクト公式

無人島プロジェクト公式。 様々な記事を投稿します☆
  • BASIC 個人のお客様向け
  • GROUP 団体のお客様向け
  • CORPORATION 法人のお客様向け
  • OTHERS その他お問い合わせ