JOIN US!!無人島キャンプに申し込む
無人島プロジェクト

おがっちの無人島滞在記終了(1週間後)

無人島生活を終えてちょうど1週間。

私のカラダや生活の変化について書いていきたい。

 

私の欲望は

・糖分が欲しい!

・仕事がしたくてたまらない!

この2つだけ・・・

とにかく甘いものを摂取したいので、ケーキやシュークリーム、

スイーツを食べまくる。

食事以外はPCにひたすら向かう。

am6時前には必ず目が覚め。

pm24時までフルで活動。

無人島生活では、活動したくてもカラダが動かなかったが、

今なら、栄養があるのでいくらでも動ける。

本当にありがたい。

 

80歳のおばあさんのように柔らかくなった筋肉。

帰還後すぐは、歩行や階段でさえ疲れていた状況

衰えた筋力を戻すために、

1時間〜2時間のリハビリトレーニングを毎朝行っている。

そして、徹底的なタンパク質の補給、野菜、運動後のプロテイン。

<メニューA>

ストレッチ15分

筋トレ(腕、肩、腹筋、背筋、おしり、太もも、ふくらはぎ、足首)1時間

ランニング5キロ

<メニューB>

ストレッチ15分

ランニング8キロ

メニューAとメニューBを交互に行った結果。

2016/5/10 79.3㎏
2016/6/9   67.4㎏
2016/6/10 71.2㎏
2016/6/11 69.5㎏
2016/6/12 71.4㎏
2016/6/13 72.2㎏
2016/6/14 72.3㎏
2016/6/15 71.5㎏
2016/6/15 70.3㎏

なんと!!

S__12443771-side

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無人島生活で11.9㎏も痩せました!!

※元が太っていたので、痩せたと言っても大したことはない。

やはり、体重はすぐに戻る。4㎏程度は想定範囲内。

5日後には4.9㎏も体重が戻った。

現在、食は少し細くなったものの、

3食バランスよく一般成人男性程度は食べている。

「痩せたい!!」

切実な願望でしたが

無人島の体験で私は「全く食べない」というスキルを身につけたので

このスキルさえ衰えさせなければ痩せることは容易❤︎

1週間経った今では筋肉の硬さが戻りつつあります。

人間の適応能力や、カラダが元に戻るスピードはやはり凄まじい!

 

リハビリ初日。

ランニングをしていて河川敷の水道に目が止まった。

「水がどこでも飲めるやん!!」

川が流れているとはいえ、水道に感謝する瞬間。

有難や

有難や

有難や

 

〜無人島滞在記〜

 

The following two tabs change content below.

無人島プロジェクト公式

生きるを学ぶ。無人島。そこには非日常のドラマがある。朝日と波の音で目を覚ます、お腹がすくから漁をする、何もないからこそ、星空の下で語り合う。電気も水道もない無人島での体験プロジェクト。 参加型ツアー、オーダーメイドキャンプなどを企画しています。
  • BASIC 個人のお客様向け
  • GROUP 団体のお客様向け
  • CORPORATION 法人のお客様向け
  • OTHERS その他お問い合わせ