JOIN US!!無人島キャンプに申し込む
無人島プロジェクト

おがっちの無人島滞在記 16日目

無人島で30日間 生き残れ!!

子供の頃の夢は「無人島で1ヶ月暮らすこと」

「生きる」とは何か?

その答えを得るために・・・

無人島でただひたすら生きるだけ

30日間の物語

【無人島ルール】

1,食料と水は無人島で自力で確保すること

2,持ち物はマッチ・テント・ナイフ


パラパラとビニールに雨が当たる音が聞こえ

目が覚める

午前3時。

 

安物のテントを雨から守るためには

布団として使っているブルーシートを

外に出さなければならない。

 

そうしてテントを雨から守り

ビニールの米袋のようなものと

カッパを着て丸まって寝る。

これだけ寒い夜を過ごしても

体調を崩さないのはカラダが慣れた証拠だろう。

 

今日で長い無人島生活も折り返しだ。

いつ雨が降ってもおかしくない雲行き。

image

少し雨も降って水不足の問題も解消された。

 

雨の日、曇りの日は考え事をするのに最適な日だ。

少々寒かったが日中はほぼ外にいて海を眺め

これまでの振り返りや、気づき、学びを整理していた。

誰もいない無人島でビーチを独占し

1日中ポーッと過ごす。

なんと贅沢な時間だろう。

食べる時間、食べる準備をする時間すら不要になった

今だからこそできることかもしれない。

 

これまでの人生で価値観や、

生き方に大きく影響を与える体験は何度かあった。

今回もそんな感じだ。

既成概念が音を立てて崩れはじめている。

未来がどうなるのかワクワクしてきた。

「残りの期間でもっと多くを持って帰りたい」

でもここで焦ってはいけない。

焦らず、静かな心で無人島生活を最後まで観察することにした。

 

そんな時とんでもない悪魔が現れた。

悲鳴をあげずにはいられないヤツだ

image

足のサイズ程のこいつは

私の足の下にいた。

おいおい!

そんなに私の足が好きなのかい?

今や高校の剣道部の道着並の臭いがするのだ。

おそらくこいつは匂いフェチ!?なのだろう

 

最近では無人島生活も慣れ1日が終わるのもはやい。

今日はこれでおしまい。

明日はたっぷり雨が降って欲しい。

 

続く

 

〜無人島滞在記〜
 

無人島1ヶ月サバイバル生活をしたおがっちを見守りたい人は、
youtubeやブログをご覧ください。
また、個人的な取材や講演依頼、その他のお問い合わせはSNSからお願いします。

 

◆◆関連記事◆◆
おがっちの無人島滞在記 前夜
おがっちの無人島滞在記 スタート
おがっちの無人島滞在記 2日目
おがっちの無人島滞在記 3日目
おがっちの無人島滞在記 4日目
おがっちの無人島滞在記 5日目
おがっちの無人島滞在記 6日目
おがっちの無人島滞在記 7日目
おがっちの無人島滞在記 8日目
おがっちの無人島滞在記 9日目
おがっちの無人島滞在記 10日目
おがっちの無人島滞在記 11日目
おがっちの無人島滞在記 12日目
おがっちの無人島滞在記 13日目
おがっちの無人島滞在記 スタートの動機
おがっちの無人島滞在記 14日目
おがっちの無人島滞在記 15日目
おがっちの無人島滞在記 16日目
おがっちの無人島滞在記 17日目
おがっちの無人島滞在記 18日目
おがっちの無人島滞在記 19日目
おがっちの無人島滞在記 20日目
おがっちの無人島滞在記 21日目
おがっちの無人島滞在記 22日目
おがっちの無人島滞在記 23日目
おがっちの無人島滞在記 24日目
おがっちの無人島滞在記 25日目
おがっちの無人島滞在記 26日目
おがっちの無人島滞在記 27日目
おがっちの無人島滞在記 28日目
おがっちの無人島滞在記 29日目
おがっちの無人島滞在記 30日目
おがっちの無人島滞在記 最終日
おがっちの無人島滞在記終了(1週間後)

◆◆総集編◆◆
【実話】無人島で1ヵ月0円でサバイバル生活した男の全記録
 

あなたも無人島に滞在してみませんか?
参加型の無人島キャンプツアーを開催中!
詳しくはこちら

The following two tabs change content below.

無人島プロジェクト公式

生きるを学ぶ。無人島。そこには非日常のドラマがある。朝日と波の音で目を覚ます、お腹がすくから漁をする、何もないからこそ、星空の下で語り合う。電気も水道もない無人島での体験プロジェクト。 参加型ツアー、オーダーメイドキャンプなどを企画しています。
  • BASIC 個人のお客様向け
  • GROUP 団体のお客様向け
  • CORPORATION 法人のお客様向け
  • OTHERS その他お問い合わせ