JOIN US!!無人島キャンプに申し込む
無人島プロジェクト

おがっちの無人島滞在記 2日目

無人島で30日間 生き残れ!!

子供の頃の夢は「無人島で1ヶ月暮らすこと」

「生きる」とは何か?

その答えを得るために・・・

無人島でただひたすら生きるだけ

30日間の物語

【無人島ルール】

1,食料と水は無人島で自力で確保すること

2,持ち物はマッチ・テント・ナイフ


ザーッザーッ!

バラバラバラッ   とものすごい雨風の音

極寒

テントの寝床の悪さ

 

何度も目を覚ましながら、

ガタガタとカラダを震わせながら、無人島生活2日目の朝を迎えた。

 

まずは水の確保だっ

バーガーキング以来何も口にしていない。

喉がカラッから。

カロリーメイト食べ終わったときくらい。

てくてく

磯場を歩きながら見渡す。

岩壁から、微々たる水が流れてくるのを発見。

なんとか水を1滴ずつ入れていく。

image

なんとか水が溜まった。

一口飲んでみる

・・・

んーちょっと葉っぱくさいような気がするけど大丈夫っしょ

 

トイレットペーパーも持ってきてないので、

お腹下した状態のお尻を海に絶対につけたくないし!

下痢にならないことを神に祈る。

 

火を起こそう。

湿っぽくて中々火がつかないがなんとかついた。

よしっ

次は食料だっ

ゴソゴソ。

砂利浜や磯をチェック

 

テレレレッテレー♬

マツバ貝ゲット

 

テレレレッテレー♬

イシダタミ貝ゲット

 

テレレレッテレー♬

ツワブキゲット

 

順調に確保していく。

テレレレッテレー♬

大根

image

 

ん?大根?

なぜこんなところにいるかはわからないが、

大量に生えている!

なんとか食べ物には困らなくて済みそうだっ

 

image

無人島生活きゃっほー

楽しくなってきたじゃねーか!

 

だいぶ足りないかったが、

大根をかじり、気を紛らわせる。

 

極寒のテントでなんとか就寝。

 

2日目終わり

続く

 

〜無人島滞在記〜

 

The following two tabs change content below.

無人島プロジェクト公式

無人島プロジェクト公式。 様々な記事を投稿します☆
  • BASIC 個人のお客様向け
  • GROUP 団体のお客様向け
  • CORPORATION 法人のお客様向け
  • OTHERS その他お問い合わせ