JOIN US!!無人島キャンプに申し込む
無人島プロジェクト

おがっちの無人島滞在記 7日目

無人島で30日間 生き残れ!!

子供の頃の夢は「無人島で1ヶ月暮らすこと」

「生きる」とは何か?

その答えを得るために・・・

無人島でただひたすら生きるだけ

30日間の物語

【無人島ルール】

1,食料と水は無人島で自力で確保すること

2,持ち物はマッチ・テント・ナイフ


今日で無人島生活も1週間。

無人島での生活にもずいぶん慣れてきました。

夜の寒さ

火おこし

空腹

これからは色んな物を作りたいなと思います。

家とか!

今は安物のテントなので雨が降ると

中まで浸透してくるし寒いし大変ですから。

火をおこせて、雨をしのげる家ができたら最高ですね。

明後日くらいから取り掛かりたいかな!

 

今日は午後から雨ということで早めに朝ごはんを食べて、テントに引き込もり!

少し瞑想して…

雑草で縄を編んでました。

image暗くてすいませんね。

下手くそのカムフラージュ(笑)

こいつを使って、無人島パンツとか作りたいかな。

まぁまた追々。

 

初日に雨が降って以来どんどん山から流れてくる

水の量が減ってるのです。

雨が降ると活動ができませんが、雨が降らないと

飲み水の確保が困難になります。

食べなくても1ヶ月は死にませんが

水がなければ直ぐに死にます。

「雨ってありがたいなー」

って久々に思いました。

 

今日はこれでおしまい。

 

続く

 

〜無人島滞在記〜

 

The following two tabs change content below.

無人島プロジェクト公式

生きるを学ぶ。無人島。そこには非日常のドラマがある。朝日と波の音で目を覚ます、お腹がすくから漁をする、何もないからこそ、星空の下で語り合う。電気も水道もない無人島での体験プロジェクト。 参加型ツアー、オーダーメイドキャンプなどを企画しています。
  • BASIC 個人のお客様向け
  • GROUP 団体のお客様向け
  • CORPORATION 法人のお客様向け
  • OTHERS その他お問い合わせ