JOIN US!!無人島キャンプに申し込む
無人島プロジェクト

おがっちの無人島滞在記17日目

無人島で30日間 生き残れ!!

子供の頃の夢は「無人島で1ヶ月暮らすこと」

「生きる」とは何か?

その答えを得るために・・・

無人島でただひたすら生きるだけ

30日間の物語

【無人島ルール】

1,食料と水は無人島で自力で確保すること

2,持ち物はマッチ・テント・ナイフ


今日は起きたら雨が降ると期待していましたが…

「全然降ってないやーん‼️」

たんまり降って欲しかった…

拾ったタンクに雨水で満タンにしておきたかった。

今晩に全てをかけよう!

霧のような雨が降ったり止んだり。

中途半端な天気。

これではカメラを持って歩けない。

ということで今日はも

物思いにふける日にしました。

 

ちょくちょく雨が止む度に外に出てお散歩。

浜辺の漂流物をチェックするのは日課になってきた。

「もうこの景色も見飽きたなぁ」

しかし、見慣れない黄色い物体が波打際に…

少しの期待

「どうせ腐っているだろう」

という諦めの元、拾い上げてみた。

意外と綺麗だ。

中を割ってみる

image

あまりの新鮮さに驚いた。

全く腐っている気配はない

そう

みかん!甘夏かな?

海の神様は私に贈り物をしてくれた。

酸味があり、甘かった。

無人島で一人声をあげた。

「うまーーーい‼️」

この表情
image

撮る瞬間を間違えたなこりゃ…

1個でお腹いっぱいになった。

大満足。

果物のビタミンは本当に貴重だ。

これだけでとても幸せな1日になった。

「どんだけひもじいんや‼️」

でも

みかん1つにこれだけ感謝した日はありません。

 

心はとても豊か

 

続く

 

〜無人島滞在記〜

 

The following two tabs change content below.

無人島プロジェクト公式

無人島プロジェクト公式。 様々な記事を投稿します☆
  • BASIC 個人のお客様向け
  • GROUP 団体のお客様向け
  • CORPORATION 法人のお客様向け
  • OTHERS その他お問い合わせ